« オールはすべて | トップページ | 結構コケコッコ »

dAMeEのツボ 12(変ビート・チェンジ)

080826chiken01posterJunky Funkでは「The Chiken」を16ビート、20ビート、28ビートをぐるぐる入れ替えてプレイしています。

ライブでは特別に、イントロ部分のリフをあえて普通の16ビートから入り、途中から20ビートに切り替えているので、ビートの違いが一目瞭然になってます。一耳瞭然。


2008年8月26日 Junky Funk at 目黒ブルースアレイでの演奏。変ビート・チェンジ曲「The Chiken」。

movie「080826chiken01-iPhone.m4v」をダウンロード(5.1MB)

「080826chiken01-iPhone-cell.3gp」をダウンロード(544KB)

リンク: Junky Funk - The Chicken (16 beat ~ 20 beat ~ 28 beat) - YouTube.

Junky Funk:松井秋彦(p,key)、音川英二(ts)、岡田治郎(b)、嶋村一徳(ds)


イントロからテーマに入った所は16beatに戻り、4小節ごとに20beat、28beatにチェンジしてます。キメからリフはまた20beatに戻ってます。あとはだいたい4小節ごとにビートをチェンジしてます。ビート毎のテンションの違いが楽しいです。
テーマの入り口で「俺も弾くのか〜」と頭をポリポリする松井さんの姿を見て、後で何か悪戯して楽しませてやろうと心に誓うのであった。。。


ところで、以前にはこんな変ビートのチキンもありました。

リンク: メガロン一刻: ひよこ.

これは1小節毎に20ビートと16ビートをチェンジしてます。よれよれ感はこっちのほうが断然凄いです。。。
それからライブで好評、じろさんの変ビート講座はこちらにもありましたね。

リンク: メガロン一刻: dAMeEのツボ 6(変ビート).

こちらはスラップでベースを弾いてるので、リズムの輪郭がより分かりやすいです。ドラムは4分音符を刻んでいるだけです。

こんなにヘンなチキンはJunky Funkならでは。CDでもお楽しみください。


« オールはすべて | トップページ | 結構コケコッコ »

dAMeEのツボ」カテゴリの記事

コメント

ツアーお疲れ様でした!

今回も京都RAGで大人しく(^_^;)聞かせていただきましたが、20beat,28beat・・・に自分の耳が慣れたせいもあってか、今までと違った感じで聞けて楽しかったです。

あっ、それとお話していた最近私がはまっているオランダのギタリストJesse Van Rullerです。セロニアス・モンク・コンペティションで優勝した時の審査員がジョンスコ、メセニー、ジムホールで絶賛されたそうです。
http://jp.youtube.com/watch?v=Qi71jvEWIEI
(あまり音の良いのが無いですが色々出てくると思います)

(All The~&Chicken東京編も一通り聞かせていただきました。)

K氏さん、京都ご来場ありがとうございました!
変ビートに耳が慣れて来たら、あとは実践!セッション等で応用してみてください。
世界に広がる変ビート!
ギタリスト情報もありがとうございました〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オールはすべて | トップページ | 結構コケコッコ »

フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • Last.fm - itto9